信販会社系のカードローンかキャッシングか?

クレジットカードにはお金を借りられるキャッシング機能が付いています。カード申し込み時に希望するキャッシング額で申し込めますが、たいていは30万円程度です。それでも消費者金融の初回借入額も同じようなものですから、クレジットカードをお持ちならわざわざ消費者金融に申し込む必要はないのです。

しかし信販会社系のカードローンの最大のメリットは、金利が銀行カードローンよりも低い商品が選択できることです。中には年10%を切るものもあり、低金利のカードローンをお探しの方に最適です。

次に信販会社のカードローンのメリットは融資限度額がキャッシング枠よりも遥かに多いことです。信販会社のカードローンは総量規制の対象で年収の3分の1までしか借りられませんが、100万円程度なら十分可能です。

銀行カードローンも変化の時期に!地銀再編で取り扱い停止の可能性も!

改正貸金業法の施行に伴い、貸金業者は総量規制により年収の1/3までの融資上限となったほか、利息上限は利息制限法が適用されたことで過払い金返還により多くの消費者金融が廃業や倒産することになりました。それ以降、銀行カードローンが消費者金融市場にカードローン商品を投入し、貸付残高は年々増加傾向にあります。

ですが、銀行カードローンが社会的な問題となり、即日融資の停止、審査方法の改善が行われるだけでなく、カードローン事業の再編も生じています。しかしながら、銀行の本業赤字により地銀再編の動きも生じており、銀行の統廃合によりカードローン商品の取り扱い終了の可能性も出ています。そのため、カードローンは持っていれば安心、必要な時に使うという方は銀行業界の動向に注意して、適宜解約や切り替えという対応が必要になっています。

キャッシングサービスを利用したい時は審査が必要となります

急遽、消費者金融会社からお金を借りないといけなくなってしまった場合はキャッシングサービスを利用することになるかと思いますが、すぐに借りることができなくまずは審査を受けてそれを通過しないと融資をしてもらえないため、覚えておくようにお願いします。キャッシングサービスとかカードローンなどは審査が必要となるため、審査の手続きをしたりしないといけないので段階をふまないといけないのであります。

審査に関してはどういったところを見られたりするのかというと、仕事とか家族構成をはじめ、利用者の個人情報とか年収・月収などになっていて他には他の金融機関とかからお金を借りているかどうかとかクレジットカード関係の取引履歴なので信用情報とかも審査対象となっています。

いずれも審査対象となっているため、手続きをする際は明確な情報を提出することが必要となります。