キャッシングの限度額に注目するべき

キャッシングは、消費者金融会社などが提供している融資サービスの一つであり、現在では多くの人々がこの融資サービスを利用しており、効果的に活用しています。キャッシングには限度額というものが設定されており、契約した人々は、消費者金融会社からお金を借りる際に限度額まで借りる事が出来るという仕組みになっています。

人によっては大金が必要になるシーンもありますが、キャッシングの限度額は申込者の年収に比例していますので、年収が高いほど限度額も高くなり、消費者金融会社から、より大金を融資してもらえます。しかし、近年では貸金業法が改正された事で総量規制があり、利用者の年収の3分の1までの限度額の総額を設定するように消費者金融会社には義務付けられています。利用者は限度額に注目しておくべきであり、キャッシングを有効活用するには重要な要素です。

「本人確認」は安心と安全の証です

キャッシングの「本人確認」と言うと、拒否感を覚える方も少なくないはずです。確かに、会社に電話がかかってくるとなるといい気持ちはしないものです。

ただ現実には、お金に絡む話には、もっと嫌な電話というのもつきものです。知り合いの会社が夜逃げしてしまった、知らないうちに保証人にされて大変なことになるというのはドラマなどでも定番ですね。一方、実際にキャッシングを利用している方からは、そうした悲惨な話が出てくることは通常ありません。これは、キャッシングが無担保で行われているからです。保証人をつけずともお金を貸してくれる、もし何かあっても他の人に取り立てには行かないという姿勢が基本なのです。だからこそ本人確認が大切になるわけですね。

本人確認は疎ましいと感じられる手続きでもありますが、安心安全を保証するが故のものでもあります。恐れ過ぎずに臨むのが良いでしょう。

アイフルでキャッシングデビューしよう

初めてのキャッシングとしてアイフルはおすすめで、最大30日間は利息ゼロで借りることができます。限度額は500万円と十分な金額であり、最小借入は1,000円から対応しています。少額から借入できるローンは、ムダ遣いをしないために役立つのです。最小借入が1万円のローンだと、3,000円だけ必要な状況でも1万円を借りなくてはいけません。そして借りた以上は使い切ってしまう可能性が高いでしょう。

アイフルは来店不要・即日借入も可能であり、自分が好きなタイミングで周りにバレずに借りることができます。店舗契約だと入店するところを誰に見られているかわかりません。同僚・知人・家族に見られてバレたという話は多く、実際に人通りの多い場所に店舗が置かれていることがほとんどなので、思いのほかバレる確率が高いのです。

最短で借入するなら、ネット申し込みからフリーダイヤルをする方法がおすすめです。必要書類は本人確認と収入証明のみであり、限度額を50万円以下にする場合、または他社借入を含めて100万円以下の場合は、収入証明は必要ありません。

カードは無人契約でんわBOXで受け取りできますが、無人店舗に出入りすることに抵抗がある方には、自宅で受け取りできる「配達時間えらべーる」のサービスをおすすめします。希望時間帯を選択できるので、家族がいない時間帯を指定できます。

キャッシングの返済に必要なATM手数料とは

キャッシングの毎月の返済をするときには、自分が選ぶ返済の手続方法によっては返済をするための手数料がかかる可能性がありますので注意が必要です。

どのような返済方法が用意されているかはキャッシングの会社によって違いますが、たとえば提携ATMから返済するときにはATM利用手数料がかかる場合がありますので気をつけましょう。ATM手数料の金額はいくらぐらいかというと1万円以下なら108円、1万円を超えるなら216円となっていることが多いです。

そのため、毎月手数料を払うとなると年間で1,000円を超える金額になってきます。一般的に銀行カードローンはATM手数料が無料になっていることが多いですので手数料を無料にしたいときは銀行カードローンがおすすめです。