地方銀行でおすすめの銀行カードローン

銀行カードローンは都市銀行だけでなく、各地方銀行からも提供されています。この地方銀行のカードローンは利用者をその銀行の近隣の地域だけに限っていることが多いですが、愛媛銀行のカードローンは全国どこからでもネットで申込みが行えるのが特徴です。

そして、銀行カードローンでは珍しく無利息サービスがある点も特徴です。愛媛銀行のカードローンは店頭やネット、電話での申込みが行えますが、ネットで申込みをする場合に限り、30日間の無利息期間が提供されます。

また、銀行カードローンなので、金利も年利4.4~14.6%と消費者金融などのそれより低く設定されており、愛媛銀行の口座も特に必要なく、発行されたキャッシングカードを使って全国のコンビニのATMから手数料無料で借り入れ、返済共に行うことができます。更に返済日も最初に毎月の好きな日に自分で決めることができる点など、無利息サービスだけでなく、消費者金融にも負けないほどのかなり充実した商品となっています。

利用者にとって、これだけの条件が揃っている銀行カードローンは都市銀行を含めてもそうはありません。ネットで申込みが行える銀行カードローンをお探しの方にはおすすめのカードローンの1つだと言うことができます。

新生銀行レイクのキャッシングのメリット

大手消費者金融のキャッシングというと、プロミスやアコム、アイフル、モビットと一緒にレイクの名前を挙げる人もいるかと思います。レイクは、以前は確かに消費者金融でしたが、2011年に新生銀行に事業譲渡されたことで「新生銀行レイク」となり、現在は銀行系のカードローンになっています。

レイクでキャッシングすることのメリットは、銀行系のよさと消費者金融のよさを合わせ持っている点です。
まず、銀行系のカードローンなので、総量規制の対象外です。総量規制は、消費者金融からの借り入れを年収の3分の1までに制限している法律ですが、レイクならそれ以上の金額の借り入れが可能です。

他の銀行系カードローンにはない無利息サービスがあるのもレイクのメリットです。しかも2種類の無利息サービスがあります。1つは、借入金額の全額が30日間無利息になるというもの。

もう1つは、借入金額のうち5万円が180日間無利息になるというもの。どちらも初めてキャッシングする人を対象にした1度限りのサービスですが、5万円以内なら約半年間利息ゼロで借りることができます。どちらを利用した方が得になるかは、レイクの公式ホームページでシミュレーションして確かめることができます。

借入も返済も、提携ATMなら手数料が無料なのも大きなメリットです。セブン銀行やローソンATMとも提携しているので、コンビニに寄ったついでに返済できます。

消費者金融のよいところを取りいれている新生銀行レイクですが、その分利息は他の銀行系カードローンより高めで、消費者金融並み。それでも、無利息サービスやATM手数料無料をうまく利用すると、かなりお得にキャッシングできます。

銀行ローンでキャシングする場合ポイント制度があります

銀行ローンでキャシングする場合ポイント制度があります。一般的に銀行のカードローンはほかの消費者金融会社と比べて低金利です。ですからよくおまとめローンで利用することが多いですが、銀行の場合はその利用度によって人それぞれの金利が違うというのが特徴の一つです。

例えば仕事の給料の振込先や支払口座、ほかには公共料金の引き落としなどの口座をカードローンする銀行にまとめておけば、金利が安く借り入れできるのです。キャシングしようと考えたなら急にお金が必要になったからですが、銀行は預けておくだけの機能ではありません。

いざお金が必要になったときは担当者と相談して銀行ローンという付き合い方もあるのです。ポイント制で金利がどんどん安くなるので、担当者に言われて動かせる引き落としなどはすべてまとめればいいのです。できれば急にお金が必要になることを普段から考えて、一つの銀行にまとめておくこともいい作戦の一つと言えるでしょう。

その場合は審査に時間がかからずにすぐに現金を手にすることができるので、キャシングとは言っても現金を借りるというよりも銀行との関係を構築していくという考えで行きましょう。銀行側もカードローンでのキャシングを推進しています。

三井住友銀行カードローンの利用資格は?

三井住友銀行はメガバンクと言われているのでカードローンのサービスを利用する時に安心感があります。それで三井住友銀行カードローンを利用したいと考えますが利用資格があるので該当していないと申し込む事は出来ません。そこで三井住友銀行カードローンの利用資格を確認していきましょう。

カードローンを利用する時はどの銀行も年齢制限がありますが、三井住友銀行カードローンは20歳以上69歳以下となっています。他の銀行より上限年齢が高いので65歳以上の人はメリットになります。また安定いた収入を得ている事を重視しているので月々に一定の収入を得ているのも利用資格になっています。目安は年収200万円以上になっているので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

銀行カードローンも変化の時期に!地銀再編で取り扱い停止の可能性も!

改正貸金業法の施行に伴い、貸金業者は総量規制により年収の1/3までの融資上限となったほか、利息上限は利息制限法が適用されたことで過払い金返還により多くの消費者金融が廃業や倒産することになりました。それ以降、銀行カードローンが消費者金融市場にカードローン商品を投入し、貸付残高は年々増加傾向にあります。

ですが、銀行カードローンが社会的な問題となり、即日融資の停止、審査方法の改善が行われるだけでなく、カードローン事業の再編も生じています。しかしながら、銀行の本業赤字により地銀再編の動きも生じており、銀行の統廃合によりカードローン商品の取り扱い終了の可能性も出ています。そのため、カードローンは持っていれば安心、必要な時に使うという方は銀行業界の動向に注意して、適宜解約や切り替えという対応が必要になっています。