無利息で貸してくれるカードローン業者

最近では多くのカードローン業者がどんどん無利息期間を設定するようになっています。無利息、というのはつまりお金を借りた時にその期間内で返済したのであれば利息が必要にない、ということです。それがまさにこうしたサービスにおいては最高であるといえるでしょう。

ですから、もしカードローン業者を利用するのであれば無利息期間があるようなところから、と考えるのが妥当であるといえるでしょう。

その上で出来るだけ金利が低いところに選ぶようにしましょう。無利息期間がなくなり、或いはそれ以外で借りるときもあるわけですから、その時に出来るだけ金利が低いほうが借りる時のコストが下げられるからです。

いきなりお金が必要になることもあるでしょうから、そんなときに発行の申込みをするよりは事前にやっておいたほうが何かと便利ですから、困る前に発行してもらっておくとよいでしよう。

はっきりいって維持をするコストなどがあるわけではありませんし、銀行系であればキャッシュカードのその機能をつけることができるところもありますから、持っていることに対してほぼデメリットがない、ということになります。そこがカードローンの魅力でもあるといえるでしょう。

金利

初めてキャッシングを利用する方へ!返済期間や利息を確認しておこう!

初めてのキャッシング、とっても緊張すると思います。まず審査に通るのか?そこが不安ではないでしょうか?私は大学生の時に初めてキャッシングを利用しました。東京でアルバイトをしていた時にどうしても一時的にお金が必要で、親に借りられず仕方なくキャッシングを利用することにしたのが初めての体験でした。

でも、意外にもアルバイトをしていて安定した収入があれば大学生だった私でも審査にはすんなり通りました。いくら収入が少なくても、毎月一定の収入がある方なら基本的に審査に落ちるという事はありません。ただ、過去に滞納してしまったり、記録に残るような問題を起こしている方は別です。

また私は、無利息期間のうちにキャッシングしたお金を返したかったので、返済期間をいつまでと自分で設定してその日までに必ず返済できる見込みを立ててから利用しました。

もし、どうしてもキャッシングしたお金をいつまでにいくら返せば利息がかからないか?かかるとしたらどれくらいか気になるという方は、返済期間や借り入れする金額を入力するだけでシミュレーションできる無料サイトで確認してみると良いと思います。これならいくら借りるといくらの利息がかかるといった具体的なイメージを持てるので、無駄遣い防止になります。是非参考にしてみて下さいね。

金利

カードローンにおける限度額と金利について

どのカード会社も極度額と金利は反比例します。(限度額が大きいほど、金利は安い)そうなれば、当然限度額が大きい方が良いと思いますが、契約当初から最大限度額となることはほとんどなく、実績に応じて、限度額増→金利引き下げという流れになります。

遅延をせず、返済期日を守り、実績を積んで行けば、払う利息も減ってくるという仕組みです。もちろん、収入というのも大きなファクターになります。収入が安定しているという前提ですが、長期間カードローンを使っている場合は、半年に一度を目途に、限度額増額及び金利引き下げのお願いをすることをおすすめします。

複数のカード会社を使っている場合、「Aカード会社が〇%だけど、もし下げてくれるならBカード会社にする」などの交渉もできることがあります。(私はこれで金利引き下げに成功したことがあります)

金利