カードローンにおける限度額と金利について

どのカード会社も極度額と金利は反比例します。(限度額が大きいほど、金利は安い)そうなれば、当然限度額が大きい方が良いと思いますが、契約当初から最大限度額となることはほとんどなく、実績に応じて、限度額増→金利引き下げという流れになります。

遅延をせず、返済期日を守り、実績を積んで行けば、払う利息も減ってくるという仕組みです。もちろん、収入というのも大きなファクターになります。収入が安定しているという前提ですが、長期間カードローンを使っている場合は、半年に一度を目途に、限度額増額及び金利引き下げのお願いをすることをおすすめします。

複数のカード会社を使っている場合、「Aカード会社が〇%だけど、もし下げてくれるならBカード会社にする」などの交渉もできることがあります。(私はこれで金利引き下げに成功したことがあります)

金利