三井住友銀行グループの消費者金融のプロミスとモビットを比較

三井住友銀行は三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行と共に日本の三大メガバンクと呼ばれていて信用されている銀行です。その三井住友銀行グループに入っている消費者金融がプロミスとモビットになります。消費者金融は借金をするというイメージがあるせいかあまり良い印象が持たれていませんが、メガバンクの三井住友銀行グループに入っている消費者金融となると信用度も高まってきて利用しやすくなってきます。そこでプロミスとモビットの特徴などを比較していく事にしましょう。

消費者金融は基本的に即日融資に対応しているのですぐにお金を借りる事が出来ます。プロミスとモビットに関しても即日融資に対応しているので申し込んだ日にお金を借りる事が出来ますが、申し込みをしてから融資可能になるまでの時間が少し異なってきます。プロミスは最短1時間で融資可能になるのに対してモビットは2~3時間かかってしまうので融資スピードを重視するならプロミスがおすすめです。

消費者金融は基本的に金利が高く設定されていて上限金利は18%となっています。モビットの上限金利も18%ですが、プロミスに関しては上限金利が17.8%になっていて他の消費者金融より0.2%低く設定されています。0.2%だとそれほど変わらないようにも感じますが、実際に借り入れをして利息が加算されてくると意外と影響してきてしまいます。そのため上限金利の設定は少しでも低い方がいいので金利を重視する場合でもプロミスの方がいいでしょう。

プロミスとモビットは共に本人確認書類の提出が義務づけられています。そのため申し込む時に本人確認書類となる運転免許証を提出する事になりますが、業者によっては収入証明書の提出を求められる場合もあります。プロミスは在籍確認があるので収入証明書の提出は多額の借り入れを希望する場合のみですが、モビットの場合がWeb完結申込で電話連絡がなしなので収入証明書の提出を求められます。収入証明書を用意するのは手間がかかるのであまり手間をかけたくない場合はプロミスの方がいいでしょう。

プロミスを利用してお金を借りる2つの理由

プロミスは消費者金融なので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。借り入れする時は年収制限をされてしまうので人によっては不都合になってしまう可能性もあります。また金利も高く設定されているので返済する時に加算される利息が多くなるので注意する必要もあります。このように不安な部分があるプロミスですが、消費者金融の中でも利用者が多いです。そこでなぜプロミスを利用してお金を借りるのか理由を挙げていく事にしましょう。

・三井住友銀行の子会社になっている

プロミスは三井住友グループの傘下に入っている消費者金融なのでサービス面で三井住友銀行とも連携しています。三井住友銀行の中に設置されているローン契約機で申し込みをする事も出来ますし三井住友銀行の口座を持っていればいろいろなサービスを利用する事が出来ます。

・申し込みをしてから約1時間でお金を借りる事が出来る

消費者金融は基本的に即日融資に対応していてどの業者を利用しても申し込みをした日にお金を借りる事が出来ます。しかしプロミスはネットで申し込みをして自動契約機で契約手続きをするとその場でキャッシングカードが発行されてます。申し込みをしてから約1時間でお金を借りる事が出来るので早くお金を借りたい人はメリットになります。

アイフルのSuLaLi(スラリ)の特徴について

消費者金融のキャッシングを利用する女性は年々増えていますが、利用客全体の3割程度というデータもあり、男性の利用者の方が圧倒的に多くなっています。

女性にとっては、周囲の人にキャッシングを利用していることを知られたくない、自動契約機に入るところを見られたくない、という気持ちの他に、きちんと返せるのかどうか、一度借りると習慣的に借りるようになるのではないか、という不安もあるようです。

キャッシングを利用したいけれども抵抗がある、という女性の気持ちを考えて企画されたのがアイフルの女性向けキャッシング・SuLaLi(スラリ)です。

スラリは、女性オペレーターが対応する女性専用ダイヤルがある、申込みから借り入れまでインターネットで手続きが完了するので自動契約機に行く必要がない、万一返済が遅れた場合の連絡はSMS(ショートメッセージサービス)で行われるので周囲の人に気づかれにくい、等の細やかな配慮がされています。

そして最大の特徴は、借入限度額が10万円に設定されていること。借金については女性はとても慎重です。10万円を超える金額は借りられないようにすることで、安心感をもたらすようになっています。

ローンカードについても、アイフルの文字はなく、女性らしいイラストのデザインになっていて、カードを見られてもキャッシングを利用しているとはわからないように工夫されています。

キャッシングをするならプロミスを推進!どのようなメリットはあるの?

消費者金融でキャッシングをするならプロミスって言われることが多いですよね。プロミスは三井住友銀行グループの傘下に入っている消費者金融ですが、実際に利用するとどのようなメリットがあるのか紹介していきますので参考にしてみて下さい。

消費者金融によっては雇用形態で審査が不利になりキャッシングをすることができないケースもあります。しかしプロミスは安定した収入を得ていれば雇用形態は関係ありません。アルバイトやパートでも手軽にキャッシングできる消費者金融なのです。またプロミスはWEB完結申込が利用できますので来店する必要がありません。住んでいる場所の周辺に自動契約機がない場合は出向く手間を省けると早くお金を借りれますので金欠になっているときはメリットに感じるのではないでしょうか。

キャッシング業者の比較はどこをするべきか

キャッシング業者を比較するというのはまずはどこを見るべきであるのかと言いますとどのような条件で貸してくれるのかという部分に尽きると言っても過言ではないでしょう。確実に言えることは金利が低い方から借りるということの方が良いに決まっていますからまず比較するべきところは上限金利であると言えるでしょう。

大抵のキャッシング業者は上限と下限の金利を表示しているわけですが下限で貸してくれるというところはほとんどありませんから比較するべきは手っ取り早くに上限であると言えるでしょう。金利がお金を借りる時にはまずは何より大事になりますから、そこから比較していくと言う事は実に当然であり、最もお勧めできることになるといえます。

急にお金が必要になったときには即日融資が受けられる消費者金融のキャッシング

銀行や業者などからお金を借りる場合、とても面倒に感じてしまうのが申し込みや契約の手続きです。自分がお金を借りようとしているところによっては連帯保証人や担保が必要になってくることもあり、そのようなケースではお金を借りられるようになるまでにかなりの時間が掛かってしまうことも少なくはありません。

その点、消費者金融のキャッシングは各種の手続きに簡単さやお金を借りられるようになるまでのスピーディーさが魅力となっています。即日融資が消費者金融のキャッシングの最大の売りとなっているからです。もしも、急にお金が必要になったというときには即日融資を受けられる消費者金融のキャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。

三井住友VISAプリペイドカードへの振り込みが出来るプロミスのキャッシング

利用者が消費者金融会社にお金を借りる時に、提携ATMを通して使うのが一般的ですが、近年では、キャッシングで振り込まれるお金の使い方に変化が出てきています。プロミスでは他社とは違った新しいサービスを展開しており、その一つが三井住友VISAプリペイドカードへの振り込みキャッシングです。最近では、VISAプリペイドカードを使える店舗などが増加しており、VISAプリペイドカードにチャージをしておく事で使えます。

このサービスを利用するには、プロミスとのキャッシング契約の申込みをする時に一緒に手続きをする事が出来ます。また、プロミスと既に契約をしているのであれば、VISAプリペイドカードの申込みだけをすれば、同様に振り込みキャッシングを利用する事が可能です。

アイフルでキャッシングデビューしよう

初めてのキャッシングとしてアイフルはおすすめで、最大30日間は利息ゼロで借りることができます。限度額は500万円と十分な金額であり、最小借入は1,000円から対応しています。少額から借入できるローンは、ムダ遣いをしないために役立つのです。最小借入が1万円のローンだと、3,000円だけ必要な状況でも1万円を借りなくてはいけません。そして借りた以上は使い切ってしまう可能性が高いでしょう。

アイフルは来店不要・即日借入も可能であり、自分が好きなタイミングで周りにバレずに借りることができます。店舗契約だと入店するところを誰に見られているかわかりません。同僚・知人・家族に見られてバレたという話は多く、実際に人通りの多い場所に店舗が置かれていることがほとんどなので、思いのほかバレる確率が高いのです。

最短で借入するなら、ネット申し込みからフリーダイヤルをする方法がおすすめです。必要書類は本人確認と収入証明のみであり、限度額を50万円以下にする場合、または他社借入を含めて100万円以下の場合は、収入証明は必要ありません。

カードは無人契約でんわBOXで受け取りできますが、無人店舗に出入りすることに抵抗がある方には、自宅で受け取りできる「配達時間えらべーる」のサービスをおすすめします。希望時間帯を選択できるので、家族がいない時間帯を指定できます。