アルバイトがキャッシングに申し込む際に気をつけること

大手消費者金融のキャッシング商品は安定した収入があればアルバイト等の雇用形態の人でも契約可能とされています。しかしアルバイトがキャッシングに申し込むをする場合には幾つかの注意ポイントがあります。どのような点に気をつける必要があるのでしょうか。

特に気をつけなければならないのが勤続期間です。現在のアルバイト先での勤続期間が半年にも満たない場合、金融機関は「安定した収入がある」とみなしてくれないため、契約は非常に難しいのです。

同様の理由で、短期のアルバイトを転々としている人も契約は困難です。たとえ毎月一定以上の収入があっても短期のアルバイトしかしていない場合には安定・継続的な収入があると捉えてもらえないため、キャッシング契約をする場合には長期のアルバイトに就くことが重要です。

主婦がキャッシング申し込みをする際の審査のポイントを知る!

主婦とは言えお金が急に必要な時はあるもの。そんな時にはキャッシングを積極的に活用しましょう。多くのキャッシング業者では主婦の申し込み受付を可能としておりますが、審査のポイントがありますのであらかじめ知っておく事をオススメします。

最も重視されるのは返済能力です。パートやアルバイトをしている方はその収入が審査可否の大きなポイント。仮にご本人の収入が非常に小さい場合でも、加えて配偶者の収入状況や職業に勤続年数によって審査にプラスとなるケースがあります。審査の際に絶対に守るべきなのがウソをつかないということです。キャッシングの借入はあくまで信用ですので、ウソを記入すると信用情報機関での照会で必ずわかります。せっかく審査に通るものも否決となってしまいますので注意しましょう。

主婦が借入できるキャッシング業者は多数ありますので諦めずに申し込みをしてみてください。

初めてキャッシングに申し込んだ場合の利用限度額について

キャッシングの利用限度額は、その人の属性や年収、勤務形態などによって決まりますが、初めてキャッシングに申し込んだ場合は、最大でも50万円以下になると言われています。

一つには、50万円を超える借り入れを希望すると、源泉徴収票や確定申告書等の年収を証明する書類が必要となって手間がかかるので、最初から多額の借り入れを希望する人が少ないという事情があります。

また、キャッシングの審査では、申込者がどのくらい信頼できるか、という点も重視されますが、初めての申し込みでは、過去の履歴がないため、毎月きちんと返済してくれるかどうかは判断できません。そのため、年収が高い人でも、利用限度額は抑え目に決められることが多くなっています。

初回の審査で決まった限度額が低くても、後日増額申込みをして引き上げてもらうことができます。現在の限度額を引き上げたいと考えている人は、毎月の返済をきちんとして信頼度を上げるように心がける必要があります。