「本人確認」は安心と安全の証です

キャッシングの「本人確認」と言うと、拒否感を覚える方も少なくないはずです。確かに、会社に電話がかかってくるとなるといい気持ちはしないものです。

ただ現実には、お金に絡む話には、もっと嫌な電話というのもつきものです。知り合いの会社が夜逃げしてしまった、知らないうちに保証人にされて大変なことになるというのはドラマなどでも定番ですね。一方、実際にキャッシングを利用している方からは、そうした悲惨な話が出てくることは通常ありません。これは、キャッシングが無担保で行われているからです。保証人をつけずともお金を貸してくれる、もし何かあっても他の人に取り立てには行かないという姿勢が基本なのです。だからこそ本人確認が大切になるわけですね。

本人確認は疎ましいと感じられる手続きでもありますが、安心安全を保証するが故のものでもあります。恐れ過ぎずに臨むのが良いでしょう。

消費者金融の審査が通らない3つの理由

キャッシングをする時は消費者金融を利用する事が多いですが、審査が通らない事で悩んでいる人も多いです。消費者金融は銀行に比べて柔軟な審査をしてくれるので返済能力があると判断されれば通る事が多いです。そこでなぜ消費者金融の審査が通らないのか理由を考えていく事にしましょう。

・利用条件に満たしていない

消費者金融は20歳以上で安定した収入を得ているというのが基本的な利用条件になりますが、業者によって他にも条件になっている事があります。それで審査をしていて利用条件に満たしていないと落ちてしまう事があります。

・在籍確認が取れない

消費者金融では審査の終盤に勤務先に電話をかけて在籍確認を行います。在籍確認が取れれば審査が通りますが、取れないと返済能力があっても落ちてしまいます。

・信用情報に問題がある

消費者金融は信用情報機関にアクセスして信用情報を確認します。キャッシングやクレジットカードの利用履歴が残っていますが、滞納回数が多いなど問題がある時は審査に落ちてしまいます。また債務整理など金融事故を起こした経験がある人も審査に落ちてしまいます。

消費者金融の審査が通らない理由はこのようにあるので申し込む前にしっかり頭に入れておきましょう。