総領規制対象外となること

総量規制というのがあります。これは別にキャッシングなどに限ったことではないのですが、要するに貸し出しに対する制限になります。例えばバブルの時に不動産を担保にした融資の総量規制、というのができたことがありました。貸付に対する制限、というのが総量規制であると認識しておいてよいでしょう。

それがキャッシングにもあるのです。但し、これは貸金業の話しであり、年収の三分の一まで、ということになっていますが総領規制対象外となることもあります。まず、そもそも銀行業であれば関係はないです。つまりは、貸金業の話しであり、銀行などは関係ないことになります。

しかし、貸金業、つまりはキャッシングサービスにおいても総領規制対象外となることがあります。それは借り手が確実に得をする場合です。具体的にいいますとおまとめローンなどを利用することです。一つの纏めると確実に総量規制に引っかかる、ということがあろうともそれは対象外、ということになります。

これは貸し手に対する云々というよりは借り手が得をするのにどうしても規制をするのがよしろくない、ということになったわけです。基本的には出来るのであればした方がよいことでもあります。

カードローンによるカードの取扱の違いに注意しましょう

カードローンと言えば、契約をした後に発行されるキャッシングカードを利用してATMからお金の借り入れや返済を行う仕組みのキャッシングだと考えている人が多いでしょう。特に一度も利用したことがない人はそれ以外の何物でもないと思っていても当たり前ですが、実はカードローンの中にはキャッシングは行えても返済できないケースもあるので注意が必要になります。

要はカードでATMから借り入れはできても、返済は予め登録しておいた銀行口座からの引き落としでしか行えないような場合があるのです。大手のキャッシングを利用すればそのようなことはありませんが、それほど名前を知られていないカードローンではそのような仕組みになっていることも少なくないので、金利などの他の条件面だけで判断をせず、このカードの取扱については必ず先に調べておいた方がいいでしょう。

また、同様にATMから借り入れは行えても、返済はキャッシング会社の銀行口座への振込になることもあります。このケースでは口座からの引き落としより返済が面倒になるかも知れません。そのままカードを使って借り入れと同様にATMから返済ができるカードローンが一番利便性が高いのは言うまでもありません。

このように、キャッシングカードの発行を受けるカードローン同士でも、借り入れ時はともかく、返済についてはまちまちなのです。カードローンならATMから借り入れも返済もできるのが当たり前だと考えてはいけません。返済については必ずどのような方法で行うのかを先に調べて、それに納得をしてから申込みを行いましょう。

アルバイトでもキャッシングはできるのか

アルバイトであろうともしっかりとしたキャッシングサービスは利用できるようになっています。要するにこれは収入があるからです。ですから、別に信用度的には問題ないことが多いのです。もちろん、それは他から借入がないとかそうしたことも重要になっています。しかし、アルバイトのような非正規雇用であればなかなかお金を貸してもらうことができない、という理解は間違いであるといえるでしょう。

目的ローンなどは層であることが多いのですが、そうではなくキャッシングサービスなどであれば基本的にはそこまでの問題になるようなことではありませんから、その点は心配することはないでしょう。しかし、借りる時にはあくまで総量規制というのが引っかかることになります。

これは一体どういうものであるのかといえば年収の三分の一以下しかキャッシングのような形ではお金を借りることができない、ということになります。これがとても大事なことになりますから、しっかりと覚えておきましょう。アルバイトでもキャッシングサービスを利用できる、というのは間違いないことではありますが、どこまで貸してもらうことができるのか、というのは総量規制が引っかかるようになっています。