銀行カードローンは本当に安心?債権譲渡で各種ローンやクレジットに即ダメージ!

銀行カードローンを利用する理由の中に『銀行だから安心』といったことが、アンケート調査の結果から分かっています。確かに銀行という社会的に信頼を得ている会社は、消費者金融に比べマイナスイメージは殆ど無いと言えます。

現在の消費者金融は、悪質な会社が姿を消しており法律に則った業務が行われているものの、過去のイメージが未だに残っている状況です。安心と言われる銀行ですが、実際には返済が滞った場合、保証委託先となる消費者金融やクレジット会社に即債権譲渡といったことが行われ、銀行自体のリスクを回避しています。

ここで注意したいのは、債権譲渡であり、譲渡された履歴は個人信用情報に記録されます。

結果、1ヶ月遅れただけでも、新たなローン契約やクレジット契約が出来ないどころか、更新審査も通過出来なくなるリスクが生じ、大きなダメージを与えてしまい、生活自体が破綻するリスクを伴っています。債権譲渡の記録は5年間残るため、銀行カードローンは安心と言い切れないのが実態です。

銀行カードローンの即日融資が禁止になるという話はどうなったの?

2017年9月に新聞などで銀行カードローンの即日融資が2018年1月に禁止されると一斉に報じられました。その2018年が来ましたが、即日融資が取りやめになったという話は入ってきていません。実情はどうなっているのでしょうか?

1番槍玉に上がった三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの公式サイトを見ると、確かに融資スピードのことに関しては触れていません。ただし注意事項のところをクリックすると、「お申し込みの受付時間・審査状況によっては審査回答及びカードのお受け取りは翌日以降になる場合があります」と書かれており、まだ即日融資が受けられる可能性を示唆しています。

本格的に対策される前に低金利の銀行カードローンと契約しておくのもアリです。

消費者金融会社の審査をクリアするには

消費者金融会社からキャッシングを借りる際には、審査をクリアしていく事が必要です。審査をクリアするには、本人がキャッシングの申込みをした事が証明され、返済能力があると消費者金融会社に認められなければいけません。

申込者は、申込み内容に不備が無いかを必ず確認し、本人が申し込んだ事を証明出来る本人確認書類を事前に用意しておきます。本人確認書類として使えるのは、運転免許証やパスポートや健康保険証となっています。健康保険証の場合、写真がありませんので、別途住所が記載されている物や書類を一緒にスキャンして送る必要がある時もあります。審査をクリアするには、在籍確認の電話があったら、電話を取るようにする事が大切です。もし、これで勤務先に在籍していないとなりますと、審査を通過出来ない事もあるからです。また、普段から計画的に返済をしておかなければいけません。

三井住友銀行グループの消費者金融のプロミスとモビットを比較

三井住友銀行は三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行と共に日本の三大メガバンクと呼ばれていて信用されている銀行です。その三井住友銀行グループに入っている消費者金融がプロミスとモビットになります。消費者金融は借金をするというイメージがあるせいかあまり良い印象が持たれていませんが、メガバンクの三井住友銀行グループに入っている消費者金融となると信用度も高まってきて利用しやすくなってきます。そこでプロミスとモビットの特徴などを比較していく事にしましょう。

消費者金融は基本的に即日融資に対応しているのですぐにお金を借りる事が出来ます。プロミスとモビットに関しても即日融資に対応しているので申し込んだ日にお金を借りる事が出来ますが、申し込みをしてから融資可能になるまでの時間が少し異なってきます。プロミスは最短1時間で融資可能になるのに対してモビットは2~3時間かかってしまうので融資スピードを重視するならプロミスがおすすめです。

消費者金融は基本的に金利が高く設定されていて上限金利は18%となっています。モビットの上限金利も18%ですが、プロミスに関しては上限金利が17.8%になっていて他の消費者金融より0.2%低く設定されています。0.2%だとそれほど変わらないようにも感じますが、実際に借り入れをして利息が加算されてくると意外と影響してきてしまいます。そのため上限金利の設定は少しでも低い方がいいので金利を重視する場合でもプロミスの方がいいでしょう。

プロミスとモビットは共に本人確認書類の提出が義務づけられています。そのため申し込む時に本人確認書類となる運転免許証を提出する事になりますが、業者によっては収入証明書の提出を求められる場合もあります。プロミスは在籍確認があるので収入証明書の提出は多額の借り入れを希望する場合のみですが、モビットの場合がWeb完結申込で電話連絡がなしなので収入証明書の提出を求められます。収入証明書を用意するのは手間がかかるのであまり手間をかけたくない場合はプロミスの方がいいでしょう。

おまとめローンがお得!

月々の支払額が軽減されたり緊急的に資金が必要だったりする場合には非常に便利なのがカードローンですが、まとまった資金が必要な際には複数の業者からの借り入れが必要になり、毎月の支払額が多めになってしまう場合があります。

そこで便利なのがおまとめローンとなるのですが、例えば3社から30万円づつ借り入れをしていて毎月の支払いが各1万円づつだった場合、1つのローンにまとめる事によって支払額が軽減されるメリットが発生します。

また、複数の業者から借り入れるに当たり、支払日や金利がバラバラになってその都度返済を行わなければならず作業が煩雑になりがちですが、おまとめローンを利用する事によりその手間が軽減される事になり、金利もトータルで軽減されるもある為に最終的な支払額が低下する場合もあります。

毎月の支払額が軽減される事によって資金的余裕が出来、手元資金としての余裕資金として残す事が出来るほか、余裕が出来た際には繰り上げ返済へ回す事により最終支払日を待たずに返済が完了する場合もある為、非常に有益ではないかと考える事が出来ます。突発的な資金需要が発生し、毎月の支払い金額が当初計画よりも増え財政的に厳しいと考えている方にはおまとめローンを検討してみても良いのではないのでしょうか?

キャッシングカードの取り扱いには注意しましょう

カードローンはその名前の通り、主にキャッシングカードを利用してATMから借り入れや返済を行いますが、このカードを紛失してしまった時には速やかに利用しているキャッシング会社に連絡をしてください。その時点でカードは利用できなくなりますが、もしその間に勝手に使われるようなことがあると面倒なことになります。

もちろんカードには自分で設定した暗証番号があるので、拾った人が簡単に使うことはできませんが、万が一他人に勝手に使われてしまった場合にはその分まで自分で支払いを行うことになりかねません。
クレジットカードの場合は暗証番号を知らなくてもすぐに利用できることもあり、悪用されてしまっても速やかにその届出を出せば多くの場合で自分で利用していない支払いは免除されますが、カードローンのキャッシングカードの場合はほとんどのケースでそうはならず、自分で負担することになってしまいます。

その為、暗証番号はまず普通には推測できないものにしてください。そして、できる限りキャッシングカードは持ち歩かない方がいいでしょう。ポイントカードのように常に財布の中に入れておくといったことは避けてください。

最近ではこのようなことが起きないように、カードレス契約ができるキャッシング会社も増えてきました。有名なところではプロミスやレイクにネットから申込みを行う場合に、カードを発行しない契約を選べるようになりました。キャッシングカードがないと原則的に銀行の口座を通さないと借り入れが行えない為、利便性が下がってしまうのは否めませんが、カードを無くしてしまう、勝手に使われてしまうといったことが無くなります。

この2社ではカードレス契約にした場合でも、後から希望をすれば発行してもらえるので、カードの管理に不安がある人は最初はカードレス契約にしてもいいかも知れません。カードローンを利用する際にはこのようなことまで考えて契約を行うと、より安全に利用できるというものです。

キャッシングのWeb完結申込みのメリット

キャッシングはお金が足りなくなったときにすぐに借入れできてとても便利です。そのため多くの人がキャッシングを利用しています。最近のネット申込みはパソコンやスマホで24時間いつでも好きなときに申込みができます。店舗に出かける必要もなく人に見られる心配もないので快適に申込みができます。でも契約の際には在籍確認があって会社に電話がかかってきます。このとき職場の上司や同僚にキャッシングがバレてしまうのが心配で申込みをためらう人もいます。

でもWeb完結申込みなら、会社への在籍確認の電話もないので安心して申込むことができます。Web完結申込みの場合は、電話での確認の代わりに会社に在籍している証拠となる書類として、給与明細書と健康保険書の写しを提出すれば済みます。これなら会社の人に知られる心配が全くないので安心してキャッシングの申込みができます。

さらにWeb完結申込みは自宅への郵便物の送付もありません。なので家族にさえ内緒で申込みができるのです。Web完結申込みは文字通りWebだけでキャッシング利用のすべてを行えます。申込みに限らず、借入や返済までスマホやパソコンだけで借入や返済まですべてができるのです。つまりある意味でWebでの究極のキャッシングサービスだといえるでしょう。

アルバイトの人がキャッシングを利用するときの注意点とは

キャッシングを利用するときにまず気になるのが審査です。多くの場合、審査では20歳以上69歳以下で、安定した定期収入があることが基本条件となります。一般的に2010年6月の改正貸金業法が完全施行されてからはキャッシング審査が厳しくなったと思われています。

でも実際にはパートやアルバイトの非正規雇用の人でも、基本条件に適合すれば審査に通ることができます。週に2~3日程度ではダメですが、アルバイトでも1年以上同じ職場で勤務して一定水準以上の収入を毎月得ている人なら、審査に通る可能性はかなり高いといえます。

アルバイトでキャッシングを利用したいと思うときに、もう1つ気になることがあります。それは借入限度額です。総量規制の導入によって年収の3分の1を超える借入れはできなくなりました。アルバイトの場合は年収が低い場合が多いので、借り入れ限度額も制限されてしまいます。より多くのお金を利用したくても法律上の制限があって簡単に借りることが難しいのです。

ただキャッシングは便利だからといっても借金であることには変わりありません。自分の返済能力の範囲内でしか借入れできないのは不便なようであっても、実は多重債務者になるのを防ぐ大事な仕組みでもあるのです。キャッシングは収入と借入れと返済のバランスが大切です。なのでアルバイトでキャッシングを利用する際には、自分の経済力に見合った適切で計画的利用を心がけることが大事だといえるでしょう。

地方銀行でおすすめの銀行カードローン

銀行カードローンは都市銀行だけでなく、各地方銀行からも提供されています。この地方銀行のカードローンは利用者をその銀行の近隣の地域だけに限っていることが多いですが、愛媛銀行のカードローンは全国どこからでもネットで申込みが行えるのが特徴です。

そして、銀行カードローンでは珍しく無利息サービスがある点も特徴です。愛媛銀行のカードローンは店頭やネット、電話での申込みが行えますが、ネットで申込みをする場合に限り、30日間の無利息期間が提供されます。

また、銀行カードローンなので、金利も年利4.4~14.6%と消費者金融などのそれより低く設定されており、愛媛銀行の口座も特に必要なく、発行されたキャッシングカードを使って全国のコンビニのATMから手数料無料で借り入れ、返済共に行うことができます。更に返済日も最初に毎月の好きな日に自分で決めることができる点など、無利息サービスだけでなく、消費者金融にも負けないほどのかなり充実した商品となっています。

利用者にとって、これだけの条件が揃っている銀行カードローンは都市銀行を含めてもそうはありません。ネットで申込みが行える銀行カードローンをお探しの方にはおすすめのカードローンの1つだと言うことができます。

無利息で貸してくれるカードローン業者

最近では多くのカードローン業者がどんどん無利息期間を設定するようになっています。無利息、というのはつまりお金を借りた時にその期間内で返済したのであれば利息が必要にない、ということです。それがまさにこうしたサービスにおいては最高であるといえるでしょう。

ですから、もしカードローン業者を利用するのであれば無利息期間があるようなところから、と考えるのが妥当であるといえるでしょう。

その上で出来るだけ金利が低いところに選ぶようにしましょう。無利息期間がなくなり、或いはそれ以外で借りるときもあるわけですから、その時に出来るだけ金利が低いほうが借りる時のコストが下げられるからです。

いきなりお金が必要になることもあるでしょうから、そんなときに発行の申込みをするよりは事前にやっておいたほうが何かと便利ですから、困る前に発行してもらっておくとよいでしよう。

はっきりいって維持をするコストなどがあるわけではありませんし、銀行系であればキャッシュカードのその機能をつけることができるところもありますから、持っていることに対してほぼデメリットがない、ということになります。そこがカードローンの魅力でもあるといえるでしょう。

金利

新生銀行レイクのキャッシングのメリット

大手消費者金融のキャッシングというと、プロミスやアコム、アイフル、モビットと一緒にレイクの名前を挙げる人もいるかと思います。レイクは、以前は確かに消費者金融でしたが、2011年に新生銀行に事業譲渡されたことで「新生銀行レイク」となり、現在は銀行系のカードローンになっています。

レイクでキャッシングすることのメリットは、銀行系のよさと消費者金融のよさを合わせ持っている点です。
まず、銀行系のカードローンなので、総量規制の対象外です。総量規制は、消費者金融からの借り入れを年収の3分の1までに制限している法律ですが、レイクならそれ以上の金額の借り入れが可能です。

他の銀行系カードローンにはない無利息サービスがあるのもレイクのメリットです。しかも2種類の無利息サービスがあります。1つは、借入金額の全額が30日間無利息になるというもの。

もう1つは、借入金額のうち5万円が180日間無利息になるというもの。どちらも初めてキャッシングする人を対象にした1度限りのサービスですが、5万円以内なら約半年間利息ゼロで借りることができます。どちらを利用した方が得になるかは、レイクの公式ホームページでシミュレーションして確かめることができます。

借入も返済も、提携ATMなら手数料が無料なのも大きなメリットです。セブン銀行やローソンATMとも提携しているので、コンビニに寄ったついでに返済できます。

消費者金融のよいところを取りいれている新生銀行レイクですが、その分利息は他の銀行系カードローンより高めで、消費者金融並み。それでも、無利息サービスやATM手数料無料をうまく利用すると、かなりお得にキャッシングできます。

キャッシング審査では必ず在籍確認される?

キャッシングの審査時に、職場に電話が掛かってくる「在籍確認」がどうしても嫌だという人もいると思います。

もちろんキャッシング業者は業者名など名乗らず、適当な個人名で友人を装って掛けてくるので、この電話で職場にキャッシングしていることがばれる可能性は低いですが、中には従業員が数人の会社で、変な電話が掛かってくればすぐに分かってしまう、というケースもあると思います。

この在籍確認の電話さえ無ければ…と思う方にお勧めなのが、WEB完結型のキャッシングです。
その名の通り、ネット上だけで全ての手続きが完了します。在籍確認は給与明細や確定申告書などの収入証明書で代用してくれるのです。

申し込み方法も簡単で、WEB完結のキャッシングを扱っている業者のホームページ上で必要事項を入力し、本人確認書類(免許証など)と上記の収入証明書の写真を撮り、画像ファイルとして送信するだけです。

収入証明書をもって在籍確認としますので、職場へ電話が掛かってくることはありません。
審査もスピーディで、平日の14時くらいまでに申し込めば、即日融資も可能です。融資も自分の指定した銀行口座への振り込みで行われますので、どこに行く必要もありません。大変便利です。

在籍確認の電話だけがネックでキャッシングが難しいと思っている人は、このWEB完結型のキャッシングを利用してみてください。

また業者により、特定の銀行にしか振り込めない等の諸条件もありますので、詳しくは各金融業者のホームページを確認してください。

お金の使い道は正直に言わなければ駄目でしょうか?

キャッシングの申し込み時、お金の使い道などを聞かれると思います。
私の借りたところだけではなく、一般的にどこで借りても聞かれると思うのですが・・・

あれって皆さんちゃんと本当のことを言っているのでしょうか。

私がキャッシングしようと思ったのは薄毛治療の為です。
治療と言っても大げさな感じではなく、専門のクリニックで頭皮エステみたいなことをやってもらったり内服薬をもらって飲んだりするだけの簡単なものなんですが、とにかくお金がかかります。

なのでキャッシングしようと思ったわけなんですが、それをなかなか会ったこともない女性(係りの人が女性でした)に正直に言えません。
会ったことがある女性にも言い難いですが。

なので、聞かれた時に多少濁して言うのですが、ハッキリ言わないとしつこく聞かれます。
向こうも仕事ですから当然ですよね。
しかし、私は恥ずかしいので何度も濁して言います。
そのうちこっちが根負けして薄毛治療の為と言ってしまうのですが、なんとなく辱めを受けている気分です。

そこで私は疑問に思ったのです。
皆本当のことを言っているのだろうかと。
嘘をつくのはいけないことですが、あまりにも恥ずかしい、言いたくない理由でお金を借りる場合は少しぐらい許されるのではないか、キャッシングの申し込みを終えてそう思いました。

銀行ローンでキャシングする場合ポイント制度があります

銀行ローンでキャシングする場合ポイント制度があります。一般的に銀行のカードローンはほかの消費者金融会社と比べて低金利です。ですからよくおまとめローンで利用することが多いですが、銀行の場合はその利用度によって人それぞれの金利が違うというのが特徴の一つです。

例えば仕事の給料の振込先や支払口座、ほかには公共料金の引き落としなどの口座をカードローンする銀行にまとめておけば、金利が安く借り入れできるのです。キャシングしようと考えたなら急にお金が必要になったからですが、銀行は預けておくだけの機能ではありません。

いざお金が必要になったときは担当者と相談して銀行ローンという付き合い方もあるのです。ポイント制で金利がどんどん安くなるので、担当者に言われて動かせる引き落としなどはすべてまとめればいいのです。できれば急にお金が必要になることを普段から考えて、一つの銀行にまとめておくこともいい作戦の一つと言えるでしょう。

その場合は審査に時間がかからずにすぐに現金を手にすることができるので、キャシングとは言っても現金を借りるというよりも銀行との関係を構築していくという考えで行きましょう。銀行側もカードローンでのキャシングを推進しています。

初めてキャッシングを利用する方へ!返済期間や利息を確認しておこう!

初めてのキャッシング、とっても緊張すると思います。まず審査に通るのか?そこが不安ではないでしょうか?私は大学生の時に初めてキャッシングを利用しました。東京でアルバイトをしていた時にどうしても一時的にお金が必要で、親に借りられず仕方なくキャッシングを利用することにしたのが初めての体験でした。

でも、意外にもアルバイトをしていて安定した収入があれば大学生だった私でも審査にはすんなり通りました。いくら収入が少なくても、毎月一定の収入がある方なら基本的に審査に落ちるという事はありません。ただ、過去に滞納してしまったり、記録に残るような問題を起こしている方は別です。

また私は、無利息期間のうちにキャッシングしたお金を返したかったので、返済期間をいつまでと自分で設定してその日までに必ず返済できる見込みを立ててから利用しました。

もし、どうしてもキャッシングしたお金をいつまでにいくら返せば利息がかからないか?かかるとしたらどれくらいか気になるという方は、返済期間や借り入れする金額を入力するだけでシミュレーションできる無料サイトで確認してみると良いと思います。これならいくら借りるといくらの利息がかかるといった具体的なイメージを持てるので、無駄遣い防止になります。是非参考にしてみて下さいね。

金利

三井住友銀行カードローンの利用資格は?

三井住友銀行はメガバンクと言われているのでカードローンのサービスを利用する時に安心感があります。それで三井住友銀行カードローンを利用したいと考えますが利用資格があるので該当していないと申し込む事は出来ません。そこで三井住友銀行カードローンの利用資格を確認していきましょう。

カードローンを利用する時はどの銀行も年齢制限がありますが、三井住友銀行カードローンは20歳以上69歳以下となっています。他の銀行より上限年齢が高いので65歳以上の人はメリットになります。また安定いた収入を得ている事を重視しているので月々に一定の収入を得ているのも利用資格になっています。目安は年収200万円以上になっているので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

プロミスを利用してお金を借りる2つの理由

プロミスは消費者金融なので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。借り入れする時は年収制限をされてしまうので人によっては不都合になってしまう可能性もあります。また金利も高く設定されているので返済する時に加算される利息が多くなるので注意する必要もあります。このように不安な部分があるプロミスですが、消費者金融の中でも利用者が多いです。そこでなぜプロミスを利用してお金を借りるのか理由を挙げていく事にしましょう。

・三井住友銀行の子会社になっている

プロミスは三井住友グループの傘下に入っている消費者金融なのでサービス面で三井住友銀行とも連携しています。三井住友銀行の中に設置されているローン契約機で申し込みをする事も出来ますし三井住友銀行の口座を持っていればいろいろなサービスを利用する事が出来ます。

・申し込みをしてから約1時間でお金を借りる事が出来る

消費者金融は基本的に即日融資に対応していてどの業者を利用しても申し込みをした日にお金を借りる事が出来ます。しかしプロミスはネットで申し込みをして自動契約機で契約手続きをするとその場でキャッシングカードが発行されてます。申し込みをしてから約1時間でお金を借りる事が出来るので早くお金を借りたい人はメリットになります。

カードローンとクレジットカードの違いとは?

30万円程度のお金を借りるのに、カードローンとクレジットカードのキャッシングにはたいして違いはありません。金利もリボ払いによる返済も変わりないからです。どちらがオススメかというと、人によって違うのでその違いを紹介します。

まず一番の違いは申し込める年齢が違うことです。クレジットカードは18歳から申し込めるのに対し、カードローンは絶対に20歳以上でないと申し込めません。ですから学生や高卒の新卒社員の方などがお金を借りるなら、クレジットカードのキャッシングしかないのです。そのキャッシング枠も認められても10万円程度となります。

次に最初に30万円程度を借りるならと書いたように、クレジットカードのキャッシングは限度額が少ないのが特徴です。おまけにキャッシングは総量規制の対象となり、他のカードローンなどの残高と合わせて年収の3分の1までしか借りられないという制限があります。ですから100万円以上の巨額な融資が必要なら、断然金利の低いカードローンの方がオススメです。

最後にどちらにも審査がありますが、断然クレジットカードの方が審査は甘いです。特にキャッシング枠を0にして申し込むのが、一番審査に通りやすいです。その後普通にお買い物でクレジットカードを使い、きちんと返済を続けていると、半年から1年を目処にキャッシング枠が認められるでしょう。

アイフルのSuLaLi(スラリ)の特徴について

消費者金融のキャッシングを利用する女性は年々増えていますが、利用客全体の3割程度というデータもあり、男性の利用者の方が圧倒的に多くなっています。

女性にとっては、周囲の人にキャッシングを利用していることを知られたくない、自動契約機に入るところを見られたくない、という気持ちの他に、きちんと返せるのかどうか、一度借りると習慣的に借りるようになるのではないか、という不安もあるようです。

キャッシングを利用したいけれども抵抗がある、という女性の気持ちを考えて企画されたのがアイフルの女性向けキャッシング・SuLaLi(スラリ)です。

スラリは、女性オペレーターが対応する女性専用ダイヤルがある、申込みから借り入れまでインターネットで手続きが完了するので自動契約機に行く必要がない、万一返済が遅れた場合の連絡はSMS(ショートメッセージサービス)で行われるので周囲の人に気づかれにくい、等の細やかな配慮がされています。

そして最大の特徴は、借入限度額が10万円に設定されていること。借金については女性はとても慎重です。10万円を超える金額は借りられないようにすることで、安心感をもたらすようになっています。

ローンカードについても、アイフルの文字はなく、女性らしいイラストのデザインになっていて、カードを見られてもキャッシングを利用しているとはわからないように工夫されています。

キャッシングを申し込む時の注意点

銀行カードローンや消費者金融からキャッシングの申し込みをする時はいろいろ不安になるものです。審査は無事通過するのかとかお金をしっかり借り入れる事が出来るのかとかしっかり返済できるのかとか考えてしまうと思います。キャッシングを申し込む時には注意点もあるので、申し込む前にしっかり把握しておく事が大切です。

申し込む前に確実にしておきたいのが借り入れの金額を設定して返済計画をしっかり立てておく事が大切です。例えば1ヶ月に借り入れる金額を決めておくとかこれ以上は借り入れないようにするとか自分自身でルールを作っておくのもひとつの手だと思います。また消費者金融の場合は総量規制というものがあって、自分の収入の3分の1以上は借り入れる事が出来ません。そういった点も把握しておかなければいけません。

審査の時に間違えた情報を記入してしまうと審査が通らない可能性があります。間違えた情報を記入してしまうと会社側が虚偽の申請をしたと見なされて信用されなくなってしまいます。会社側をこういう虚偽の申請を大変嫌うので、絶対に間違えないように情報を記入する事が大切です。

審査の通過が不安だという時は窓口で会社側の人と会って申し込む方がいいと思います。審査では人柄も対象になるので、実際に会社側の人と対面して良い印象を持ってもらうというのもひとつの手です。また会社側の人と実際に会えば不明点があったら直接聞く事も出来るので不安も一気に解消します。

キャッシングをするならプロミスを推進!どのようなメリットはあるの?

消費者金融でキャッシングをするならプロミスって言われることが多いですよね。プロミスは三井住友銀行グループの傘下に入っている消費者金融ですが、実際に利用するとどのようなメリットがあるのか紹介していきますので参考にしてみて下さい。

消費者金融によっては雇用形態で審査が不利になりキャッシングをすることができないケースもあります。しかしプロミスは安定した収入を得ていれば雇用形態は関係ありません。アルバイトやパートでも手軽にキャッシングできる消費者金融なのです。またプロミスはWEB完結申込が利用できますので来店する必要がありません。住んでいる場所の周辺に自動契約機がない場合は出向く手間を省けると早くお金を借りれますので金欠になっているときはメリットに感じるのではないでしょうか。