「本人確認」は安心と安全の証です

キャッシングの「本人確認」と言うと、拒否感を覚える方も少なくないはずです。確かに、会社に電話がかかってくるとなるといい気持ちはしないものです。

ただ現実には、お金に絡む話には、もっと嫌な電話というのもつきものです。知り合いの会社が夜逃げしてしまった、知らないうちに保証人にされて大変なことになるというのはドラマなどでも定番ですね。一方、実際にキャッシングを利用している方からは、そうした悲惨な話が出てくることは通常ありません。これは、キャッシングが無担保で行われているからです。保証人をつけずともお金を貸してくれる、もし何かあっても他の人に取り立てには行かないという姿勢が基本なのです。だからこそ本人確認が大切になるわけですね。

本人確認は疎ましいと感じられる手続きでもありますが、安心安全を保証するが故のものでもあります。恐れ過ぎずに臨むのが良いでしょう。

アイフルでキャッシングデビューしよう

初めてのキャッシングとしてアイフルはおすすめで、最大30日間は利息ゼロで借りることができます。限度額は500万円と十分な金額であり、最小借入は1,000円から対応しています。少額から借入できるローンは、ムダ遣いをしないために役立つのです。最小借入が1万円のローンだと、3,000円だけ必要な状況でも1万円を借りなくてはいけません。そして借りた以上は使い切ってしまう可能性が高いでしょう。

アイフルは来店不要・即日借入も可能であり、自分が好きなタイミングで周りにバレずに借りることができます。店舗契約だと入店するところを誰に見られているかわかりません。同僚・知人・家族に見られてバレたという話は多く、実際に人通りの多い場所に店舗が置かれていることがほとんどなので、思いのほかバレる確率が高いのです。

最短で借入するなら、ネット申し込みからフリーダイヤルをする方法がおすすめです。必要書類は本人確認と収入証明のみであり、限度額を50万円以下にする場合、または他社借入を含めて100万円以下の場合は、収入証明は必要ありません。

カードは無人契約でんわBOXで受け取りできますが、無人店舗に出入りすることに抵抗がある方には、自宅で受け取りできる「配達時間えらべーる」のサービスをおすすめします。希望時間帯を選択できるので、家族がいない時間帯を指定できます。

キャッシングの返済に必要なATM手数料とは

キャッシングの毎月の返済をするときには、自分が選ぶ返済の手続方法によっては返済をするための手数料がかかる可能性がありますので注意が必要です。

どのような返済方法が用意されているかはキャッシングの会社によって違いますが、たとえば提携ATMから返済するときにはATM利用手数料がかかる場合がありますので気をつけましょう。ATM手数料の金額はいくらぐらいかというと1万円以下なら108円、1万円を超えるなら216円となっていることが多いです。

そのため、毎月手数料を払うとなると年間で1,000円を超える金額になってきます。一般的に銀行カードローンはATM手数料が無料になっていることが多いですので手数料を無料にしたいときは銀行カードローンがおすすめです。

即日融資可能なキャッシングはすぐにお金が必要なときに便利

まだキャッシングを利用したことのない人の中には、消費者金融からお金を借りるのはとても怖いというイメージを持たれている人もいるのではないでしょうか。キャッシングは金利が高いというのが世間一般の意見だからです。たしかにキャッシングの金利は高く、月々にそれなりの利息を支払わなくてはならないのは事実です。

しかし、金利の高さというデメリットな面もありますが、キャッシングにはメリットな面も多くあります。たとえば銀行から融資を受ける場合、多くのローン商品では担保や保証人が必要になってきます。また、そのようなローン商品では不動産の購入や自動車の購入など、融資を受けたお金の使途が限定されており、ほかの用途に融資を受けたお金を使うことができないようになっています。

非常に柔軟性がないのです。それに対して消費者金融のキャッシングは金利は高いという欠点はありますが、担保や保証人も要らずすぐに融資が受けられ、融資を受けたお金の用途も限定されずに自由に使えるのでとても柔軟性に富んでいます。

生活費が少し足りないときやレジャー費が足りないというときには、手続きも簡単ですぐに融資が受けられる消費者金融のキャッシングが便利です。

総領規制対象外となること

総量規制というのがあります。これは別にキャッシングなどに限ったことではないのですが、要するに貸し出しに対する制限になります。例えばバブルの時に不動産を担保にした融資の総量規制、というのができたことがありました。貸付に対する制限、というのが総量規制であると認識しておいてよいでしょう。

それがキャッシングにもあるのです。但し、これは貸金業の話しであり、年収の三分の一まで、ということになっていますが総領規制対象外となることもあります。まず、そもそも銀行業であれば関係はないです。つまりは、貸金業の話しであり、銀行などは関係ないことになります。

しかし、貸金業、つまりはキャッシングサービスにおいても総領規制対象外となることがあります。それは借り手が確実に得をする場合です。具体的にいいますとおまとめローンなどを利用することです。一つの纏めると確実に総量規制に引っかかる、ということがあろうともそれは対象外、ということになります。

これは貸し手に対する云々というよりは借り手が得をするのにどうしても規制をするのがよしろくない、ということになったわけです。基本的には出来るのであればした方がよいことでもあります。

消費者金融の審査が通らない3つの理由

キャッシングをする時は消費者金融を利用する事が多いですが、審査が通らない事で悩んでいる人も多いです。消費者金融は銀行に比べて柔軟な審査をしてくれるので返済能力があると判断されれば通る事が多いです。そこでなぜ消費者金融の審査が通らないのか理由を考えていく事にしましょう。

・利用条件に満たしていない

消費者金融は20歳以上で安定した収入を得ているというのが基本的な利用条件になりますが、業者によって他にも条件になっている事があります。それで審査をしていて利用条件に満たしていないと落ちてしまう事があります。

・在籍確認が取れない

消費者金融では審査の終盤に勤務先に電話をかけて在籍確認を行います。在籍確認が取れれば審査が通りますが、取れないと返済能力があっても落ちてしまいます。

・信用情報に問題がある

消費者金融は信用情報機関にアクセスして信用情報を確認します。キャッシングやクレジットカードの利用履歴が残っていますが、滞納回数が多いなど問題がある時は審査に落ちてしまいます。また債務整理など金融事故を起こした経験がある人も審査に落ちてしまいます。

消費者金融の審査が通らない理由はこのようにあるので申し込む前にしっかり頭に入れておきましょう。

カードローンによるカードの取扱の違いに注意しましょう

カードローンと言えば、契約をした後に発行されるキャッシングカードを利用してATMからお金の借り入れや返済を行う仕組みのキャッシングだと考えている人が多いでしょう。特に一度も利用したことがない人はそれ以外の何物でもないと思っていても当たり前ですが、実はカードローンの中にはキャッシングは行えても返済できないケースもあるので注意が必要になります。

要はカードでATMから借り入れはできても、返済は予め登録しておいた銀行口座からの引き落としでしか行えないような場合があるのです。大手のキャッシングを利用すればそのようなことはありませんが、それほど名前を知られていないカードローンではそのような仕組みになっていることも少なくないので、金利などの他の条件面だけで判断をせず、このカードの取扱については必ず先に調べておいた方がいいでしょう。

また、同様にATMから借り入れは行えても、返済はキャッシング会社の銀行口座への振込になることもあります。このケースでは口座からの引き落としより返済が面倒になるかも知れません。そのままカードを使って借り入れと同様にATMから返済ができるカードローンが一番利便性が高いのは言うまでもありません。

このように、キャッシングカードの発行を受けるカードローン同士でも、借り入れ時はともかく、返済についてはまちまちなのです。カードローンならATMから借り入れも返済もできるのが当たり前だと考えてはいけません。返済については必ずどのような方法で行うのかを先に調べて、それに納得をしてから申込みを行いましょう。

アルバイトでもキャッシングはできるのか

アルバイトであろうともしっかりとしたキャッシングサービスは利用できるようになっています。要するにこれは収入があるからです。ですから、別に信用度的には問題ないことが多いのです。もちろん、それは他から借入がないとかそうしたことも重要になっています。しかし、アルバイトのような非正規雇用であればなかなかお金を貸してもらうことができない、という理解は間違いであるといえるでしょう。

目的ローンなどは層であることが多いのですが、そうではなくキャッシングサービスなどであれば基本的にはそこまでの問題になるようなことではありませんから、その点は心配することはないでしょう。しかし、借りる時にはあくまで総量規制というのが引っかかることになります。

これは一体どういうものであるのかといえば年収の三分の一以下しかキャッシングのような形ではお金を借りることができない、ということになります。これがとても大事なことになりますから、しっかりと覚えておきましょう。アルバイトでもキャッシングサービスを利用できる、というのは間違いないことではありますが、どこまで貸してもらうことができるのか、というのは総量規制が引っかかるようになっています。