銀行や消費者金融との契約は、信用に応じて行われます。収入や金融取引における信用が重要と考えがちですが、ビジネスにおける信用はこれだけではありません。契約者の言動や態度から信用できる人物であるか、将来に亘って取引を行っても安心かを判断されます。

一般的に窓口やローン契約機などでは担当者が応対し、細かなチェックも行われ、威圧的もしくは高圧的な態度や言動はNGとなります。『お客様は神様』という考えは現在は古い考え方となっており、融資を受ける側の態度は非常に注意するべきものとなっています。

普段から言動や態度といった表面上に性格が表れやすいという方は、注意して申し込むことが重要です。また、インターネットから申し込みができWEB完結で契約できるカードローンだとしても、申し込み事実を確認する際には電話先で悪態をつくと審査落ちの原因になります。先ずは、真摯な態度で毅然とし、お互いが信用ビジネスを行っていることを認識しましょう。