キャッシングの利用限度額は、その人の属性や年収、勤務形態などによって決まりますが、初めてキャッシングに申し込んだ場合は、最大でも50万円以下になると言われています。

一つには、50万円を超える借り入れを希望すると、源泉徴収票や確定申告書等の年収を証明する書類が必要となって手間がかかるので、最初から多額の借り入れを希望する人が少ないという事情があります。

また、キャッシングの審査では、申込者がどのくらい信頼できるか、という点も重視されますが、初めての申し込みでは、過去の履歴がないため、毎月きちんと返済してくれるかどうかは判断できません。そのため、年収が高い人でも、利用限度額は抑え目に決められることが多くなっています。

初回の審査で決まった限度額が低くても、後日増額申込みをして引き上げてもらうことができます。現在の限度額を引き上げたいと考えている人は、毎月の返済をきちんとして信頼度を上げるように心がける必要があります。