カードローンはその名前の通り、主にキャッシングカードを利用してATMから借り入れや返済を行いますが、このカードを紛失してしまった時には速やかに利用しているキャッシング会社に連絡をしてください。その時点でカードは利用できなくなりますが、もしその間に勝手に使われるようなことがあると面倒なことになります。

もちろんカードには自分で設定した暗証番号があるので、拾った人が簡単に使うことはできませんが、万が一他人に勝手に使われてしまった場合にはその分まで自分で支払いを行うことになりかねません。
クレジットカードの場合は暗証番号を知らなくてもすぐに利用できることもあり、悪用されてしまっても速やかにその届出を出せば多くの場合で自分で利用していない支払いは免除されますが、カードローンのキャッシングカードの場合はほとんどのケースでそうはならず、自分で負担することになってしまいます。

その為、暗証番号はまず普通には推測できないものにしてください。そして、できる限りキャッシングカードは持ち歩かない方がいいでしょう。ポイントカードのように常に財布の中に入れておくといったことは避けてください。

最近ではこのようなことが起きないように、カードレス契約ができるキャッシング会社も増えてきました。有名なところではプロミスやレイクにネットから申込みを行う場合に、カードを発行しない契約を選べるようになりました。キャッシングカードがないと原則的に銀行の口座を通さないと借り入れが行えない為、利便性が下がってしまうのは否めませんが、カードを無くしてしまう、勝手に使われてしまうといったことが無くなります。

この2社ではカードレス契約にした場合でも、後から希望をすれば発行してもらえるので、カードの管理に不安がある人は最初はカードレス契約にしてもいいかも知れません。カードローンを利用する際にはこのようなことまで考えて契約を行うと、より安全に利用できるというものです。