総量規制というのがあります。これは別にキャッシングなどに限ったことではないのですが、要するに貸し出しに対する制限になります。例えばバブルの時に不動産を担保にした融資の総量規制、というのができたことがありました。貸付に対する制限、というのが総量規制であると認識しておいてよいでしょう。

それがキャッシングにもあるのです。但し、これは貸金業の話しであり、年収の三分の一まで、ということになっていますが総領規制対象外となることもあります。まず、そもそも銀行業であれば関係はないです。つまりは、貸金業の話しであり、銀行などは関係ないことになります。

しかし、貸金業、つまりはキャッシングサービスにおいても総領規制対象外となることがあります。それは借り手が確実に得をする場合です。具体的にいいますとおまとめローンなどを利用することです。一つの纏めると確実に総量規制に引っかかる、ということがあろうともそれは対象外、ということになります。

これは貸し手に対する云々というよりは借り手が得をするのにどうしても規制をするのがよしろくない、ということになったわけです。基本的には出来るのであればした方がよいことでもあります。