月末に生活費がピンチになり、キャッシングを利用する、という人は少なくありません。家計を預かる主婦のキャッシング利用も多くなっています。

主婦がキャッシングをする場合、2つのグループに分かれます。1つは、パートやアルバイトなどをしていて本人に収入がある主婦。もう1つは、収入のない専業主婦です。

キャッシングの利用条件は、20歳以上で安定した収入があることとなっているので、本人に収入があれば申し込み可能です。家族に内緒で借りることもできます。

一方で、専業主婦が申し込むためには、「配偶者貸付制度」を利用することとなり、配偶者の同意書が必要となります。家族に内緒で借りることはできません。

また、収入がある主婦の場合は、夫の収入がどんなに高くても考慮されず、本人の収入に基づいて審査が行われます。主婦のキャッシング利用では、多額の借り入れは難しく、無理のない範囲での利用限度額が設定されます。