何かと物入りになる年末年始ですが、急に現金が必要となり、銀行口座の残高に余裕がないと消費者金融での借入れを検討することになります。しかし、年中無休といったイメージが強い大手消費者金融ですが、実際には1月1日が休業日という会社もあります。

また、12月31日の営業時間が18時までとなっていることもあり、実際には年中無休でなないことがあります。特にプロミスやSMBCモビット、アコムの場合、休業日と営業時間の短縮があるため、急なキャッシング契約に対応することは困難です。

また、レイクALSAは年年末年始はプロミスなどと同様に対応となっているだけでなく、自動契約機が1月3日まで休業日となっているため、申し込みはインターネットから行う必要はあります。インターネットから申し込みであれば1月2日以降から順次対応となっています。一方、年末年始にどうしても現金を確保したいというのであれば、アイフルなら通常通り営業しています。先ずは、申し込み前にしっかりと営業日と営業時間を確認しましょう。